年末年始の営業について|飯塚の整骨院なら肩こり、腰痛だけでなく、高齢者、スポーツ選手のリハビリ、産前産後ケア、交通事故治療など様々な症状に対応できるマコト整骨院へ

年末年始の営業について

12月30日9:00-13:00
31日休み

1月1日〜3日休み
  4日〜9:00-19:30

1月4日より通常通り営業しております!

2023年もよろしくお願いいたします(^^)

11月23日(祝日)のお知らせ

11月23日(水)は祝日ですが
9:00〜13:00受付け致しますのでお早めのご連絡お待ちしております!

祝日営業のお知らせ

10月10日(祝)は
9:00-13:00受付けしております!

祝日営業のお知らせ

9月19日(月)おやすみ
9月23日(金)午前中営業致します!

ご予約お待ちしております‼︎

産後ケア(6ヶ月)

産後6ヶ月のお母さんです。
慢性的な腰痛はありませんでしたが、産後から腰痛が出てきた様で抱っこが辛いようです。
抱っこや授乳で背中を丸める事が多くなると腰痛が出やすくなります。
痛みを長引かせない様にしっかりケアと自宅でもできるよう少し運動をしました。

プロ選手の施術

プロバレーボール選手(岡留選手)です。
この日は筋トレ中に肩を傷めてしまったので肩の治療です。
今はすっかり良くなり試合に向けた練習を頑張っています。

出産後にズボンが入らない!

産後にズボンが入らんくなったんよねー。
骨盤開いたまんまなんやか?
どうしたらいい?

地元の同級生からこんな連絡を頂きました。

ブログやInstagramで過去何度か投稿していますが、

『骨盤開いて戻ってない』

は、ありえないです。

妊娠中〜産後すぐはホルモンの影響で骨盤の関節は『柔らかく』なります。

特に赤ちゃんが通る骨盤ではお産時最大で4cm程骨盤が開きます。
ですが、それも赤ちゃんが通る時だけです。
産後は必ず元に戻ります!

では何故ズボンが入らなくなるのか?

それは『姿勢』に関係があります!

妊娠中、お腹の赤ちゃんが大きくなってくると
お母さんはバランスを取ろうとお腹を前に突き出して、
腰を反りバランスをとります。

産後も立って抱っこする機会が多く同じ様な姿勢になります。

そうなると太ももの外側の筋肉を使って立つようになります!

すると太もも外側に余分に筋肉がついてしまって足が太くなります‼︎

だからズボンが途中で入らなくなってしまうんです。

これを改善するにはまず姿勢を改善しないといけません。
一朝一夕で改善はできませんが、
しっかりと正しいエクササイズで確実に改善されてきます‼︎

ズボンが入らないけどどうしたらいい?
を一言で答えを出す事はできませんが、
ご来院いただければエクササイズを一緒にやる事はできます!

特に最近は産後ケアの方も多くいらっしゃって
みなさん時間がないなら少しでも頑張ってます!

是非ご相談下さい(^^)

お盆休みのお知らせ

【お盆休みのお知らせ】

8月11日9:00-11:00(先着順のみ)
8月12日9:00-19:30
8月13日9:00-13:00
8月14日お休み
8月15日お休み

となっております!
最近は午前中のご予約が取りやすくなっています。
普段なかなか来れない方、是非ご連絡お待ちしております!

海の日営業のお知らせ

7月18日(月)は9:00〜13:00まで受付け致します。
まだご予約可能なので普段忙しくてなかなか来れない方は是非ご連絡下さい!

プロスポーツ選手ということ

僕はちょうど1年前の昨年6月からバレーボールチームのトレーナーとしても活動しています。

【カノアラウレアーズ福岡】
という去年できた女子バレーボールチームです。
バレーボールの国内最高リーグ.Vリーグ入りを目指していて、選手の殆どが大学を卒業したばかりで、関西や北海道出身の選手もいます。

監督は元パナソニックパンサーズ出身で身長が190㎝を超えます。
生まれて初めてあんなデカい人間と会いました。

コーチもまだ若く20代前半ですがあんなバレーボールが上手い人間と初めて会いました。

マネージャーやアナリストもいて本気でリーグ入りを狙っています。

選手達はみんな全国大会経験者で名門校出身、なかには全国大会で準優勝した選手もいます!

そんなチームに関わらせてもらい、僕もいろんな方に会う機会がありました。

元日本代表で現在ドイツリーグでリベロを務める井手選手。

スウェーデンリーグでセッターを務め、東京オリンピック日本代表のコーチを務めた梅野選手。

先日は5月に堺ブレイザーズを引退したばかりの佐川選手と昨年引退した大分三好ヴァイセアドラーの勝選手。

高校時代にバレーボールで全国の舞台を目指していた僕には憧れの舞台に立った素晴らしい選手ばかりで興奮せざるを得ません。

そんな国内、世界で戦う方達を見て思ったのが
『一流のスポーツ選手は人としても一流』
という事です。

挨拶は勿論、とても低姿勢で気さく。
僕がいろいろ質問しても丁寧に答えてくれました。
でもやはりバレーボールには厳しく凄く『意識が高い』と感じました。

初めてカノアの選手達の練習を見た時も学生とは違い、練習への熱量が凄いなと思いましたが、トップアスリート達のそれはレベルが違いました。

日常の全てがバレーボールに向いてる感じです。

これは僕らセラピスト、いや、どんな職種の方も見習うべきだと感じました。

特に僕たちは人の体を触る仕事です。
下手したら逆に傷めてしまう可能性もあります!
そうならないよう常に勉強を怠らず院に来て頂いてる事に感謝しながら仕事をする。という意識が大事だと感じました。

佐川選手とお話しさせて頂いた時も『みんなの意識をもっと高く持つようしたいですね。僕はスポンサーからお金をもらってバレーをしてるから自分のプレーにどの位の価値があるのかを考えながら練習、プレーをしてました』と。

気づけばマコト整骨院も4年目に突入しました。
業績がイイとは言えませんが、
コロナ禍にも関わらずご来院頂いている患者さんや受付けスタッフ、支えてくれる家族にも感謝しつつこれからも『姿勢は低く、目線は高く、足は軽く』やっていこうと思います!

みなさま、これからもよろしくお願い致します‼︎

archive